【2023年版】文部科学省・厚生労働省支援|大学でお得に&無料で学べる社会人のスキルアップ・プログラムに注目!!(前編)

現在、政府による各種バックアップ体制もあり、社会人のキャリアアップや転職のための「学び直し」への関心が高まっています。

各種民間のプログラムも開講されていますが、全国各地の大学や高専等でお得に学べる文部科学省の「令和4年度 成⾧分野における即戦力人材輩出に向けたリカレント教育推進事業」のプログラムをご存じでしょうか。

この記事では、幅広い人が参加可能な同事業のプログラムの一部をご紹介!

後編はこちら↓

https://college.coeteco.jp/blog/archives/18187/

【2023年版】文部科学省・厚生労働省支援|大学・短大の社会人向けスキルアップ・プログラムを利用してお得に&無料で学ぼう!はこちら

https://college.coeteco.jp/blog/archives/16787/

令和4年度 成⾧分野における即戦力人材輩出に向けたリカレント教育推進事業とは

「令和4年度 成⾧分野における即戦力人材輩出に向けたリカレント教育推進事業」とは、文部科学省が大学などの教育機関に対して、レベルや分野別に応じたリカレント教育プログラムの開発・実施に向けた支援を行ない、社会人のキャリアアップや成長分野への労働移動を後押しすることを目的とした事業です。デジタル・グリーンなどの成長分野に関する能力を身につけた、即戦力人材を社会に送り出すために行なわれます。

また、ニーズ把握からプログラム開発を一体的に実施する体制整備の支援をし、大学のリカレント教育事業を定着・発展させる目的もあります。

同事業には専門実践教育訓練給付職業実践力育成プログラム(BP)の給付金の対象となる講座もあります。給付金を利用できれば、さらに少ない負担金で新たな知識・技術の習得や学び直しも可能なので、受講を考える方は給付対象になるかどうかも確認してみてください。

「令和4年度 成⾧分野における即戦力人材輩出に向けたリカレント教育推進事業」は5つの分野に分かれています。

  • A.デジタル・グリーン分野リスキルプログラムの開発・実施
  • B.重要分野のプログラムの開発・実施(リテラシー又はリスキル)
  • C.各分野のエキスパート人材育成に向けたプログラムの開発・実施
  • D.リカレント教育モデルの構築による大学院教育改革支援
  • E.プログラム実施・拠点構築の支援・分析、横展開に向けた取組

今回は大学などの教育機関による、同事業のA~Cのプログラムについて紹介します。

なお、DとEの概要は下記の通りです。

  • D.リカレント教育モデルの構築による大学院教育改革支援:民間企業との「組織」連携のもと、大学院のリカレント教育に係る組織内改革や、養成する人材像やスキルセットを明確化したオーダーメイド型のリカレント教育学位プログラムの構築に向けた支援をする。
  • E.プログラム実施・拠点構築の支援・分析、横展開に向けた取組:大学が行なうリカレントプログラムの開発や、実施上の課題に対する調査や助言、開発したプログラムの横展開等に関する支援に併せ、事業の円滑かつ効果的な実施に向けた支援を行なう。

令和4年度 成⾧分野における即戦力人材輩出に向けたリカレント教育推進事業についてはこちら⇓

88件の大学のプログラムが採択されています。

https://www.mext.go.jp/a_menu/ikusei/manabinaoshi/mext_00005.html

政府ではここ数年、リカレント・リスキリングに力を入れており、毎年社会人の学びを支援する事業が経済産業省・文部科学省等で公募されています。昨年は文部科学省において「DX等成長分野における就職・転職支援のためのリカレント教育推進事業」がありました。

文部科学省による社会人の学び直しを応援するポータルサイト「マナパス」では、自分の目的にあったいろいろなプログラムが検索できます。どんなプログラムがあるか気になる方は、一度講座検索をしてみてください。「令和4年度 成⾧分野における即戦力人材輩出に向けたリカレント教育推進事業」対象プログラムも今後掲載されていきます。

マナパスについては、こちらで詳しく紹介しています。

https://college.coeteco.jp/blog/archives/12033/

A.デジタル・グリーン分野リスキルプログラムの開発・実施

DX分野に強い企業と連携し、応用的なデジタル・グリーン分野能力の育成を目的としたプログラムです。主に就業者が対象となっています。就業者も受けやすいように土日や夜の開講プログラムがあります。

このプログラムを開催している大学についての紹介記事は下部の記事で紹介しています。

金沢大学「『大規模データ取得・管理・活用技術人材』育成プログラム」
青山大学「2023年度 青山・情報システムアーキテクト育成プログラムADPISA」
早稲田大学「スマートエスイーのサステナビリティ・トランスフォーメーション」
東京理科大学「2023年度 DX時代を先導するハイブリッド人材のための“リスキル×アドオン” プログラム」
北九州市立大学「everiPro 産業DXリスキリングプログラム」
日本女子大学「次世代リーダーを目指す女性のためのDX人材育成コース」
関西学院大学「【DX×AI】UI/UXデザインを活用した課題解決プログラム」
事業構想大学院大学「ネクスト地域イノベーター養成プログラム」
事業構想大学院大学「社内クリエイター養成プログラム2023 社内クリエイター講座3級(入門コース)・社内クリエイター講座2級(実践コース)」
三重大学「地域の製造業の生産性向上・経営革新を担えるDX推進人材の育成プログラム」
摂南大学「DXを基盤としたビジネスリーダー養成プログラム」

https://college.coeteco.jp/blog/archives/18187/

まとめ

時代とともに要求されるスキルや知識は変化していきます。人生100年時代を考えると、社会人が学び直しやスキルアップを意識して、自分自身を変化させていくことはとても大切なことだと思われます。

今は、政府のバックアップもあり、無料や安価で学べる講座やプログラム、サービスを活用するチャンスです。社会に求められる人材になるためにも、自分の価値を高める何かを学んでみるのはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました