食品衛生責任者とは?その魅力と資格取得方法を解説

食品衛生責任者は、飲食店の営業や開業に欠かせない資格の一つであり、食品業界に就職するなら持っておいて損はない資格です。

食品衛生責任者の資格を取得するには、栄養士などの特定の資格を取得する方法と、食品衛生責任者養成講習会を受ける方法があります。

養成講習会は誰でも受けられ、1日で講習が終わるので、食品衛生責任者は非常に取得しやすい資格だといえるでしょう。

この記事では、食品衛生責任者の仕事内容や魅力資格取得方法について詳しく解説します。食品業界への就職や転職、独立開業を目指している人はぜひ参考にしてください。

食品衛生責任者とは?

食品衛生責任者には、どのような役割があるのでしょうか。はじめに、食品衛生責任者の役割や仕事内容について解説します。

食品衛生責任者は衛生管理のリーダー

食品衛生責任者は食品衛生法に定められた資格であり、各都道府県の保健所が管轄する公的資格でもあります。

そのおもな役割は、食品関係で営業する店で衛生管理を行なうリーダーとして、現場を引っ張ること。食品衛生責任者は、食品衛生法によって定められた各営業許可施設に設置を義務付けられているため、カフェなどの飲食店の開業にも必要です。

また、1人の食品衛生責任者が、複数の施設を兼任することは認められていません。飲食店に本店や支店があった場合、店舗ごとに最低1人の食品衛生責任者を配置しなければならないのです。

このように、食品衛生責任者は飲食店になくてはならない職種であるため、非常に需要の高い資格だといえるでしょう。

食品衛生責任者の役割

食品衛生責任者の役割は、大きく分けて2つあります。

食品衛生の管理と改善
食品を取り扱う飲食店において、食品の衛生管理は非常に重要です。食品衛生責任者は、施設や食材を衛生的な状態に保つため、施設や手洗い場の清掃や原材料の品質チェックなどを実施します。

従業員への指導や健康管理
従業員全員が衛生管理の重要性を理解し、調理器具や食材を正しく取り扱えるように指導することも重要な仕事です。体調不良の従業員を休ませるよう、配慮も行ないます。

このような役割を果たすためには、食品衛生に関する最新の知識を身につけておく必要があります。また、食品衛生に関する法改正にも対応できるよう、食品衛生責任者には学び続ける姿勢も必要だといえるでしょう。

食品衛生責任者と食品衛生管理者の違い

食品衛生責任者と似た名前の資格に、食品衛生管理者というものがあります。どちらも食品衛生に関する資格ですが、どのような違いがあるのでしょうか。両者の違いについて見ていきましょう。

まず、資格の管轄において、以下のような違いがあります。

食品衛生責任者
各都道府県の保健所が管轄する公的資格

食品衛生管理者
厚生労働省管轄の国家資格

管轄以外には、資格の申込先や各種届出の提出先も異なるので、資格取得を検討する際は注意しましょう。

さらに、配置される場所にも次のような違いがあります。

食品衛生責任者
基本的にすべての食品を取り扱う施設に設置

食品衛生管理者
特に衛生上の考慮が必要な食品や添加物の製造・加工施設にのみ設置

なお、食品衛生責任者と食品衛生管理者は兼任できます。飲食業界での就職を希望するなら、まずは食品衛生責任者の資格を取得し、その後必要に応じて食品衛生管理者を取得するとよいでしょう。

食品衛生責任者の魅力

食品衛生責任者の資格を取得するメリットを、2つ解説します。

食品業界での需要が高い

食品衛生法では、食品の加工・販売を行なう事業所には、食品衛生責任者の配置が義務付けられています。そのため、食品業界での食品衛生責任者の需要は非常に高く、この資格があれば業界への就職や転職に役立つでしょう。

また、食品衛生責任者は各店舗に最低1人は配置しなければならないため、多店舗展開を考えている店舗での需要はより高いといえます。

飲食店が営業を開始するには、営業許可申請までに食品衛生責任者を用意しておかなければなりません。あらかじめ資格を取得しておけば、必要になった場合にすぐに人員配置できるだけでなく、自身が独立開業する際にも役立ちます。

食品衛生責任者の資格に有効期限はないので、更新の必要はありません。食品業界で働くなら早めに取っておくとよいでしょう。

衛生管理の基礎が身につく

食品衛生責任者の資格を取る方法の一つに、食品衛生責任者養成講習会への参加があります。この講習会では、食品衛生学・公衆衛生学・食品衛生法について学ぶため、食品の衛生管理の基礎が身につけられます。

また、養成講習は1日で終了し、講習終了後に実施される簡単な試験に合格すれば、すぐに資格を取得できるという手軽さもこの資格の魅力の一つです。

資格の内容と取得のしやすさから、食品衛生責任者は食品業界で働くなら取っておいて損はない資格だといえるでしょう。

食品衛生責任者の資格を取るには?

食品衛生責任者になるには、どのような方法があるのでしょうか。ここでは、資格取得の方法について解説していきます。

食品衛生責任者になる2つの方法

食品衛生責任者になるには、栄養士・調理師などの資格を取得する方法と、資格者養成講習会に参加する方法があります。

栄養士・調理師などの資格を取得する

栄養士や調理師をはじめとした、以下の資格を取得している人は食品衛生責任者の資格を取得できます。

  • 調理師
  • 製菓衛生士
  • 栄養士
  • 船舶料理士
  • と畜場法に規定する衛生管理責任者
  • と畜場法に規定する作業衛生責任者
  • 食鳥処理衛生管理者
  • 食品衛生管理者または食品衛生監視員の資格要件を満たす者

調理師について、こちらの記事で紹介しています。

調理師とは|美味しい調理と安全な食のプロ
気象予報士の天達武史さん、タレントの壇蜜さん、V6の長野博さん、この3人とも取得している資格とはなんでしょうか。それは、調理師です。女性の就労人口の増加や長時間労働など、ライフスタイルの変化により、食事は家庭で用意するものだけでなく、飲食店

該当の資格を持っている人は、食品衛生協会などへ申請して食品衛生責任者手帳を発行してもらいましょう。手帳が発行された段階で、食品衛生責任者資格取得となります。

資格者養成講習会を受講する

栄養士や調理師などの資格を持っていない人は、資格者養成講習会を受講することで、食品衛生責任者の資格を取得できます。

講習会で行なわれるのは、食品衛生学、食品衛生法、公衆衛生学の計3科目の学習と確認試験です。

講習会で学ぶ内容

食品衛生学(2.5時間)
主要な食中毒、健康被害および事故ならびにその原因
食中毒等の発生を防止するための基本的な対応 など

食品衛生法(3時間)
食品衛生法の全体像、自主的な衛生管理に関すること
自主回収報告制度に関すること、営業規制に関すること など

公衆衛生学(0.5時間)
環境衛生、労働衛生 など

参考:東京都福祉保健局「食品衛生責任者」

資格取得には確認試験の合格が必要ですが、この試験は講習内容をしっかりと聞いていれば比較的容易に解けるので、安心して受講に臨みましょう。

資格者養成講習会受講の流れ

資格者養成講習会は、管轄の保健所もしくは食品衛生協会によって実施され、地域によって受講の流れが異なります。

例として、一般社団法人東京都食品衛生協会が公表している、資格者養成講習会の受講の流れを紹介します。

受講申込
資格者養成講習会の受講申込書をホームページからダウンロードし、必要事項記入のうえ、一般社団法人東京都食品衛生協会に郵送(受講日と受講会場は第3希望まで記入可能)。

申込受付
申込書の先着順で受付。協会より開催日時や会場名が記載された受付票が送付される。

講座受講
受付:9:00~9:30(遅刻はキャンセル扱いとなる)
講座:9:45~16:30(テスト含む)
※12:45~13:30は休憩時間
※受講料1万2,000円(教材費含む)は受講当日に納めます。

受講終了証の交付と食品衛生責任者プレートの販売
講習の全課程を修了した方には、受講終了証(食品衛生責任者手帳)が交付されます。
また、食品衛生責任者の氏名を掲示できる食品衛生責任者プレートを、1枚800円で購入可能です。

参考:一般社団法人東京都食品衛生協会 「食品衛生責任者養成講習会受講要領

※受講料は2021年12月時点の価格です。

資格取得の注意点

食品衛生責任者の資格は更新制ではなく、一度取得すると生涯資格がなくなることはありません。しかし、資格取得後も食品衛生に関する最新情報をインプットするために、実務講習会への参加に努めることが推奨されています。

地域によっては講習会受講を義務付けている場合もあるので、実務講習会の有無について食品衛生協会などに確認しておきましょう。

時期・地域によって、資格者養成講習会の予約が取りにくいことがあります。食品衛生責任者の資格取得を検討し始めたら、まずは資格者養成講習会の開催状況を確認しましょう。

新規開店する本屋でコーヒーの提供を予定している葉々社さんが、当月と翌月の資格者養成講習会が満員だと紹介しています。

近隣ではすぐに参加できなかったコショーさんは、申し込みがすぐにできて、キャンセル待ちもできる遠方の資格者養成講習会に参加したそうです。

まとめ

食品衛生責任者は飲食店などの食品衛生の資格で、食品衛生の管理や改善・従業員への指導などを行ないます。食品関係の営業を行なう場合は、食品衛生責任者の設置が義務付けられているため、食品業界では非常に需要の高い資格だといえるでしょう。

食品衛生責任者の資格を取得するには、栄養士などの特定の資格を取得するか、各都道府県で実施される養成講習会への参加が必要です。

養成講習会では、食品衛生学・食品衛生法・公衆衛生学について学んだあと、確認試験を行ないます。講習会は1日で終了し、確認試験もそれほど難しくないため、資格取得自体は簡単といえます。

食品業界への就職・転職を希望する人や、飲食店の独立開業を目指す人は、食品衛生責任者の資格をぜひ取得しておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました