動画をヒントにご自身の栽培技術を作りあげて頂ければ幸いです

NPO法人 民間稲作研究所

開設講座数6

化学合成農薬・化学肥料を使用しない有機稲作を成功させるためには、耕耘・代掻き・肥培管理・水管理など、いくつかのポイントとなる作業があります。地域によって土質・気候は異なりますが、本研修会をヒントにご自身の栽培技術をつくりあげて頂ければ幸いで す。講師は、NPO法人民間稲作研究所理事長の舘野廣幸をはじめとした農民理事の面々です。


スクールからのメッセージ

民間稲作研究所では、化学合成した農薬や化学肥料を一切使わずに、自然環境を活かし利用することで、日本の主食である米を効率よく生産する方法を研究しています。
この農法が広まることで、人類と自然が共存する新しい環境が創造される社会に貢献することができると考えます。

講座のレビュー