図書館の司書採用試験に効果的な対策は?おすすめの勉強方法も紹介

本が好き・図書館の空間が好きなどの理由で、公共の図書館で司書の仕事に就きたいと思っている人は多いかもしれません。

図書館司書になるには、地方自治体採用試験公務員試験に合格する必要があります。では、具体的にどのような勉強をすれば良いのでしょうか?

この記事では、図書館司書採用試験で合格に近づく効果的な対策や、勉強方法を紹介します。図書館司書採用試験の対策・勉強方法にお悩みの方は、ぜひ参考にしてください。

図書館の司書とは?

図書館司書とは、図書館でのあらゆる業務をこなす専門職員のことです。図書館に置く本や資料の選定・貸出対応・利用者の探し物の手伝いだけでなく、専門知識を使ってレファレンスに対応することもあります、

その他、本の読み聞かせイベントを主催したり、展示コーナーを設置したりと、利用者が快適かつ利用しやすい工夫を施すのも大切な業務です。ときには、マナーが悪い人を注意する場面もあるでしょう。

図書館司書は人気の職業のため、志望者が多い傾向にあります。厚生労働省の職業情報提供サイト
(日本版O-NET)によると、給料は21.3万円*です。

*令和元年度のハローワークの無期フルタイムの賃金欄の中間地の平均(実数値)

地方公務員の図書館司書になるには?

地方公務員の図書館司書になるには、おもに2つの方法があります。

公務員試験に合格する

1つ目の方法は、公務員試験に合格することです。多くの自治体は、職員のなかから公立図書館に配属する人を選んでいます。そのため、公務員試験に合格して地方自治体の職員になれば、図書館司書として働ける可能性があります。

しかし、公務員になってすぐに司書として働けるわけではなく、あくまでも公務員としてさまざまな部署を異動することになるでしょう。司書の資格があれば、図書館に配属されやすい傾向はありますが、どのタイミングで配属されるかはわかりません。

公務員試験を受ける方が苦手科目として挙げることが多い、数的処理の勉強方法とコツをこちらの記事で紹介しています。

公務員試験は数的処理の対策が重要!苦手を克服する勉強方法とは
数的処理は、公務員試験のなかでも苦手とされやすい科目です。どのように勉強を進めれば良いかわからない方も少なくないでしょう。数的処理は、公務員試験では避けられない特に重要な科目ですが、理解しながら反復学習をすれば、実際の試験で得点を十分に取る

地方自治体の採用試験を受ける

2つ目は、地方自治体の採用試験を受ける方法です。この場合は司書の採用試験を受ける形になるため、合格すれば確実に司書として働き始められます。

ただし、この方法は競争率が高いことが難点です。さらに、採用試験といった形で司書を募ること自体が少なく、毎年募集を出すものでもありません。よって、チャンスそのものが少ないのが実情です。

採用試験の情報すら自分で集める必要があるので、常にアンテナを張っておくことも大事でしょう。

図書館の司書採用試験の概要

確実に司書として働きたいなら、地方自治体図書館司書採用試験を受けるのが望ましいでしょう。ここからは、図書館司書採用試験の概要について解説します。

受験には司書資格が必要

図書館司書の採用試験を受けるには、国家資格である司書資格が必要です。以下の3つのいずれかに該当すれば、司書資格を取得したとみなされます。

1)大学(短大を含む)又は高等専門学校卒業生が司書講習を修了し資格を得る。
2)大学(短大を含む)で司書資格取得に必要な科目を履修し卒業を待って資格を得る(→これには通信制・夜間・科目等履修を含みます)
3)3年以上司書補としての勤務経験者が司書講習を修了し資格を得る。

文部科学省「司書について」1.司書になるためには

高校を卒業した高卒の方や、高等学校卒業程度認定試験に合格した方でも、3) の方法で司書資格を取得することができます。司書講習は全国の大学で毎年7月~9月に開催されるもので、通信講座もあります。

司書資格は、所定の大学や専門学校を卒業する必要はないため、誰にでもチャンスがあるといえるでしょう。

地方自治体によって試験内容は異なる

図書館司書採用試験の試験内容は、各自治体によって異なります。受験前に自治体のホームページを見て、試験内容を確認しておきましょう。

司書の採用試験は、一次試験二次試験まで行なわれます。一次試験では筆記試験、二次試験では集団討論面接などが行なわれることが一般的です。

例えば、東京都の採用試験の場合は、一次試験で筆記による教養試験と専門試験、二次試験で口述試験が行なわれます。一次試験で合格しなければ二次試験に進めないため、筆記試験は重点的に対策する必要があるでしょう。

採用人数は少ない

図書館司書は一般企業と異なり、毎年新しい職員を募集する必要がないため、募集が毎年あるとは限りません。退職者や休職者などが発生したときに募集することが多いため、採用人数も1~3名と、かなり少なくなっています。

国立国会図書館の場合、過去3年の採用状況は以下のとおりです。倍率を見ればわかるように、相当ハードルは高いといえるでしょう。

  • 2020年度:採用者数3名(受験者数458名/倍率98.7倍)
  • 2019年度:採用者数4名(受験者数401名/倍率84.8倍)
  • 2018年度:採用者数4名(受験者数512名/倍率108.5倍)

目指せ合格!図書館司書対策を行なう3つのポイント

合格を目指すためには、ポイントを押さえた対策をとることが重要です。ここからは、図書館司書採用試験の対策として、押さえておくべき3つのポイントを解説します。

自治体の採用試験内容をよく確認する

地方自治体によって、採用試験の内容は異なります。一次試験が書類審査、二次試験が面接だけの自治体なら、面接練習だけ行なえばよいでしょう。

しかし、なかには一次試験で教養試験・専門試験、作文などを行なう自治体もあります。したがって、効果的な対策をするためには、受けたい自治体のホームページにアクセスして、過去の試験内容を調べることが大事です。

なかには過去問を確認できる自治体もあるので、勉強し始める前にチェックしてみましょう。試験内容を確認したうえで、どのような対策を練るか考え、勉強の計画を立ててみてください。

筆記試験対策に重点を置く

稀に一次試験が書類審査のみの自治体もありますが、大抵の場合は筆記試験を行ないます。図書館司書採用試験では、一次の筆記試験で落ちてしまえば、二次試験には進めません。よって、基本的には筆記試験対策に重点を置くべきでしょう。

ただし、自治体によっては、教養試験や適性試験などが一定基準に満たなければ、不合格となることもあります。このあたりも受験する自治体によって異なるので、確認したうえで筆記試験対策を行なうことが大事です。

受ける自治体の図書館について調べたり見学したりする

図書館司書採用試験対策の一環として、受験する自治体の図書館について詳しく調べておきましょう。

ホームページを見て過去のイベントなどについて知る、実際に説明会やイベントに参加して図書館の雰囲気をつかむなど、さまざまな方法が挙げられます。図書館の見学をすれば、インターネットだけではわからない多くの情報を感じ取ることができるでしょう。

事前に図書館について調べた内容は、書類作成面接試験などでぜひ活用してください。

図書館の司書対策におすすめの5つの勉強方法

ここからは、図書館司書対策におすすめの勉強方法5つ解説します。

教養試験は一般知識分野から進める

筆記試験の一つである教養試験は、数的処理・文章理解・人文科学・自然科学・社会科学の5つの科目で構成されています。

数的処理文章理解は出題数が多い傾向にあるため、重点的に勉強することがおすすめです。また、これらの分野は暗記では対応できない問題が多く、本質的な部分を理解しながら勉強を進めましょう。

一方、社会科学・人文科学・自然科学は、暗記でもある程度対応可能です。

専門試験は専用の問題集を解く

専門試験対策では、専用の問題集を繰り返し解きましょう。図書館司書採用試験の対策でよく使われる問題集は、「司書もん」です。

司書もんは、図書館司書採用試験の過去問をもとに、出題されやすい分野や問題をまとめて作られています。闇雲に勉強するより、ポイントが押さえてある問題集を活用するほうが効率的に対策できます。

※最新のもので学習できるように、購入する際には発行年などを確認してください。

専門試験の過去問を解きながら理解を深める

一部の自治体に限りますが、これまでの過去問公開している場合があります。受験を考えている自治体のホームページにアクセスし、過去問がないか確認してみてください。

ただし、なかには過去問があったとしても、答えがない場合があります。そのときは自分で調べながら解答を考えましょう。自分で答えを調べると、より知識が身につきやすくなります。

過去問は司書もんとは違う切り口で出題されるため、さまざまな観点から理解度を確かめられることが特徴です。

小論文の基本を押さえ反復練習する

論文試験が行なわれる自治体の場合、小論文を書く練習も必要です。

小論文は、問いに対して的確に答えているか・文章としてマナーは整っているかなどの点が採点されます。また、受験する自治体の現状について、深く理解していないと答えを導けないこともあるため、事前によくリサーチすることも大事です。

論文の過去問を公開している自治体もあるので、そちらを確認しながら練習するのもよいでしょう。

その他、誤字脱字文のねじれなどがないか、確認する癖をつけてください。論文の内容が良くても誤字脱字があれば、減点されてしまいます。

面接試験の練習を繰り返す

図書館司書の面接試験では、志望動機自己PRなど一般的な内容を聞かれます。質問を想定したうえで、自治体はどのような人を司書にしたいのか、採用側の視点から考えてみてもよいでしょう。

面接試験は、練習を積めば積むほど上達します。家族や友人など身近な人に頼んで、できるだけ練習回数を増やすことが大事です。ハローワークでも面接練習ができるので、こちらも活用してみてください。

自分を偽ったり見栄を張ったりするのではなく、あくまでも自然体で受け答えすることを心がけましょう。

まとめ

図書館の司書採用試験は、自治体によって試験内容が異なります。まずは、試験内容を確認してから対策を練りましょう。

受験する自治体の試験内容を調べたうえで、この記事で紹介した試験対策や勉強方法を取り入れてみてください。

また、受験したい図書館のイベントや説明会にはできるだけ参加しましょう。図書館の雰囲気を感じられるだけでなく、インターネットでは知り得ない情報を確認できます。

図書館司書採用試験は倍率が80倍~100倍程度と非常に高く、難関ではありますが、早めの対策とポイントを押さえた勉強で、合格を目指すことは可能です。ぜひ合格に向けて、コツコツ取り組んでみてください。

タイトルとURLをコピーしました