潜水士とは?資格試験と活躍できる仕事を紹介

潜水士

潜水士とは、文字どおり「水中に潜って作業を行なう人」のことです。人気ドラマや映画の影響から、海難救助を思い出す人も少なくないでしょう。

しかし、潜水士が国家資格であることや、どのような場で活躍しているかについては、あまり一般的に知られていないかもしれません。

この記事では、潜水士の仕事内容や国家資格の取り方について解説し、どのような職業に生かせるのかを紹介します。

潜水士とは?

はじめに、潜水士という仕事と国家資格について解説します。

海洋作業に必須の国家資格

潜水士とは、潜水器を使って空気圧縮機や手押しポンプ、酸素ボンベから給気しながら、水中・海中での作業を担う専門職を指します。

水中・海中作業には体に水圧がかかることから、減圧症や肺の破裂といった高気圧障害の危険が伴います。したがって、正しい知識を持って事故を防ぎ、安全に作業を行なうために、国家資格である潜水士免許を取得しなくてはなりません。

潜水士免許は、労働安全衛生法と高気圧作業安全衛生規則に基づいた国家資格(免許)です。資格試験に合格すると、都道府県労働局長から資格を付与されます。更新手続きなどはありません。

参考:公益財団法人 安全衛生技術試験協会「資格の紹介 潜水士」

潜水士資格を取るメリット

潜水士の資格試験は18歳以上の人であれば学歴などに制限がなく、試験内容も筆記試験のみで、実際に水中に潜るなどの実技試験はありません。

つまり、潜水士に興味のある人なら誰でも受験が可能ということです。

ただし、潜水士資格を取っただけで、すぐに水中・海中作業の仕事に従事できるわけではありません。あくまでも、水中・海中で安全に作業するための正しい知識があるかどうかをはかる試験なので、資格取得しても仕事には直結しません。

潜水士の仕事を目指す人には必ず必要な資格ですが、実際に潜水士の仕事をするには、潜水士資格とは別にダイビングスクールなどで潜水の技術を学び、経験を積む必要があります。

ダイビングライセンス(Cカード)とは異なる

ここで、ダイビングスクールで取得できる「ダイビングライセンス(以降、Cカード)」と、潜水士資格の違いについて押さえておきましょう。

Cカードは、レクリエーションダイビング(趣味として行なうダイビング)を楽しむ人が、ダイビングの知識や技術を習得したことを証明する民間のライセンスです。

海外では、リゾート地でダイビングの道具をレンタルする場合に、Cカードの提示を求められることが多くあります。

潜水士資格は潜水の仕事に就くには必要な資格ですが、個人で趣味のダイビングをする際には不要です。とはいえ、リゾート地などでダイビングを楽しむ際に、潜水士資格だけでは通用しないので注意しましょう。

参考:レジャーダイビング認定カード普及協議会

潜水士の資格試験の概要

潜水士

次に、潜水士試験について、試験のスケジュールや試験内容、難易度など試験の概要を紹介します。

受験資格と受験料

先に述べたように、潜水士の受験資格は特にありません。ただし、18歳未満で合格した場合は、18歳になってから免許証を交付されます。

潜水士試験は、公益財団法人 安全衛生技術試験協会の主催で行なわれ、受験料として6,800円が必要になります。
※2021年12月時点の価格です。

試験のスケジュール

潜水士の国家試験は、全国7か所(北海道、東北、関東、中部、近畿、中国四国、九州)のセンターで、年間3~6回程度行なわれます。ただし、この回数や試験の日程はセンターによって異なるため、安全衛生技術試験協会のホームページで確認してください。

参考:公益財団法人 安全衛生技術試験協会「潜水士免許試験日」

受験を希望する場合は、まず受験申請書を用意しましょう。協会本部もしくは最寄りのセンターに郵送で申し込むか、センターが案内している申請書の配布先(労働基準協会など)で入手できます。

受験料は添付されている払込書を使って納付し、申請書や本人確認書類、証明写真を準備したら、受験するセンターに郵送もしくは持参で提出します。その後は受験票の到着を待ちましょう。

試験内容と試験時間

潜水士試験の受験科目は4科目で、出題数と配点は以下のとおりです。

試験科目出題数(配点)試 験 時 間
潜水業務10問(30点)12:30~16:30
4時間
送気、潜降及び浮上10問(30点)12:30~16:30
4時間
高気圧障害10問(25点)12:30~16:30
4時間
関係法令10問(20点)12:30~16:30
4時間

引用:公益財団法人 安全衛生技術試験協会「1.試験科目・試験時間」

試験はすべてマークシート方式で、五肢択一式です。試験時間は、休憩時間がなく4時間通しで行なわれる点に注意しましょう。

難易度と合格率

潜水士試験の学習時間は、一日3時間、1ヵ月程度が目安になるといわれています。受験資格に特別な要件もなく、難度自体はさほど高くないといえるでしょう。

合格基準は4科目それぞれが40%以上の得点率で、加えて、全体の得点率が60%以上とされています。合格率は例年80%を超えており、2020年度も81.2%となっています。

勉強方法と過去問

潜水士試験の勉強は、問題集やテキスト、模擬試験などを一日3時間、1ヵ月程度集中して取り組めば合格を目指せるでしょう。

出題傾向としては、毎年ほぼ同じような問題が出されるため、過去問の研究が必須といえます。

過去問の研究は参考書でも行なえますが、インターネットでも閲覧可能です。安全衛生技術試験協会のホームページでも、2回分の過去問が閲覧できるため、利用してみるとよいでしょう。

参考:公益財団法人 安全衛生技術試験協会「公表試験問題」

基本知識を学んで、問題演習もできると多くの方が役に立ったと紹介しているテキストが、こちらです。

潜水士が活躍する4つの仕事

潜水士

最後に、潜水士資格を取得した人が実際にどのような現場で活躍しているかを紹介します。おもに、次の4つジャンルが挙げられます。

海洋調査

研究機関や調査機関に勤務する潜水士が行なうのが、海洋調査です。海洋調査では、海洋生物の調査・採取、海水の流れ・成分・温度の調査、海底の地質調査などを行ないます。

水中土木作業

水中・海中での作業をともなう土木作業員としても、潜水士は活動します。

とはいえ、水中工事を請け負う建設会社はあまり多くないため、自社で潜水士を雇うケースは少ないようです。そのような場合は、海洋関係の会社に外注することが少なくありません。

災害や事故の救助

災害や海難事故で活躍する潜水士といえば、海上保安庁(潜水士)海上自衛隊(潜水員)警察官・消防の水難救助隊をイメージする人が多いかもしれません。

海上保安庁の潜水士になるには、まず海上保安官を目指す必要があります。海上保安庁の潜水士は巡視船艇乗組員などから選抜され、厳しい研修を受けなければならないため、簡単になれるものではないといえるでしょう。

この研修を修了して潜水士資格を取得できますが、実際の潜水士はわずか121人とされています。

※2019年3月31日時点の人数です。

サルベージ

サルベージとは、転覆や沈没、座礁した船舶を救助することを指し、沈没船の引き上げや遭難した船舶の曳航(えいこう)、遭難した船舶の乗組員・積み荷などの救助を行ないます。

サルベージを専門に行なう会社では、船舶に関わる海難事故に備え、作業員や技師とともに、潜水士が常駐している場合があります。

潜水士の年収はどのくらい?

潜水士の年収は、勤務する企業や仕事内容、雇用形態などで異なりますが、厚生労働省の「職業情報提供サイト」によると、潜水士が属するその他の建設従事者の平均年収は約433万円とされています。(※2021年12月時点の金額です。)

ただし、これはあくまでも平均年収であるため、勤務先や就業形態によって大きく変わると考えられるでしょう。

参考:厚生労働省「職業情報提供サイト(日本版O-NET)潜水士」

まとめ

水中・海中の作業を担う潜水士は、国家資格(免許)が必要です。ただし、実際に潜水士の資格を生かした職業に就く場合は、資格とは別に潜水技術を学び、トレーニングを積まなければならないでしょう。

とはいえ、潜水士の資格には受験資格がないため、誰でもチャレンジができる、比較的合格しやすい国家資格ともいえます。

潜水士に興味がある方や、将来潜水士になりたいと考えている方は、まず国家試験に挑戦してみるのも良いかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました