キャリア相談を副業にできる?必要な資格・働き方・注意点を解説

キャリア相談

キャリア相談は「キャリアコンサルティング」とも呼ばれ、職業選択のアドバイスなどを行なう仕事です。

2016年4月に、職業能力開発促進法によりキャリア相談の専門家「キャリアコンサルタント」が国家資格に規定されたことから、近年注目度の高い職業の一つとなっています。

助言や指導を行なう職種なので、自分のキャリアや人生経験を生かし、副業としてキャリア相談ができないかと考える方もいるかもしれません。

この記事では、キャリア相談に関する資格や、キャリア相談を副業で行なう際に適した働き方・注意点などを紹介します。副業でキャリアコンサルタントとして働きたい方は、ぜひ参考にしてください。

キャリア相談とは

はじめに、キャリア相談の仕事内容と需要が高まっている背景、キャリア相談を行なう際に必要な資格について解説します。

キャリア相談が注目される背景

キャリア相談(キャリアコンサルティング)とは、「労働者の職業の選択、職業生活設計又は職業能力の開発及び向上に関する相談に応じ、助言及び指導を行うこと」と、厚生労働省では定義されています。

引用:厚生労働省「キャリアコンサルティング・キャリアコンサルタント

少子高齢化などを背景に、働き方の多様化から、セカンドキャリアを見据えたキャリア相談の需要は高まる一方です。

セカンドキャリアとは、従来は子育て後や定年退職後の再就職を指すものでした。しかし、現代においては、将来を見据えたうえでのキャリアアップや転身といった意味合いが強いと考えられるでしょう。

終身雇用が崩壊しつつある今、セカンドキャリアを肯定的にとらえる風潮が広がっていることから、キャリアコンサルティングの需要も高まっています。

キャリア相談に必要な資格

キャリア相談2

それでは、キャリア相談にはどういった資格が必要なのかを紹介します。

キャリアコンサルタント国家資格

2016年4月に新たに創設された国家資格で、学科試験と実技試験(論述・面接)が課せられます。キャリアコンサルティング協議会と日本キャリア開発協会が、共通問題を用いて同じ日に試験を行なっています。

なお、「キャリアコンサルタント」は名称独占資格です。国家資格所有者以外は「キャリアコンサルタント」を名乗れないため、注意してください。

参考:特定非営利活動法人 キャリアコンサルティング協議会
参考:特定非営利活動法人 日本キャリア開発協会「国家資格 キャリアコンサルタント試験」

キャリアコンサルティング技能士

キャリアコンサルティング技能士は2008年から、技能検定職種の一つとして行なわれている国家検定です。受検資格として実務経験年数が設定されており、1級と2級があります。キャリアコンサルタント国家資格の上位レベルの能力が求められることを知っておきましょう。

参考:特定非営利活動法人 キャリアコンサルティング協議会「国家検定 キャリアコンサルティング技能検定」

コンサルティングサービス独自のカウンセラー

キャリアコンサルタントやキャリアコンサルティング技能士とは別に、コンサルティングサービスを提供する企業が、独自にカウンセラー認定試験を行なっている場合があります。

この場合、企業が指定した講座や研修を受け、その後の試験などに通過すればカウンセラーとして活動できるケースが多いでしょう。

キャリア相談に関連する資格はこちらでも紹介しています。

キャリア相談に関連する代表的な資格と活躍のフィールドを紹介
「キャリアコンサルタント」や「キャリアカウンセラー」という職業を、最近はよく耳にするようになりましたが、何か資格が必要なのでしょうか。そこでこの記事では、キャリア相談とは何なのかという基本的な解説をはじめ、キャリア相談に関する代表的な資格と

キャリア相談は副業にできる?

さまざまな社会背景があり、現在はキャリア相談(キャリアコンサルティング)が求められるようになりましたが、副業とすることは可能なのでしょうか。

厚生労働省は国の政策として、キャリアコンサルタントの養成計画を策定しており、2024年度末までにキャリアコンサルタントを10万人にする計画を打ち出しています。2021年10月末時点で約6万人の登録がありますが、今後もニーズの高い職種といえます。

参考:厚生労働省「キャリア・コンサルタント養成計画について」
参考:キャリアコンサルタント登録センター「キャリアコンサルタント登録者数」

したがって、本業のキャリアコンサルタントだけでなく、副業で活動するコンサルタントも、将来性があると考えられるでしょう。

2020年頃から、社員の副業を解禁する企業が増加しつつあります。キャリア支援や人事などの実務経験のある社員が、副業としてキャリアコンサルタントを行なうことは十分可能です。

あいこさんは平日は金融機関に勤務し、週末は副業キャリアカウンセラーとして活動しています。

キャリア相談を副業で行なう働き方

キャリア相談3

ここからは、副業でキャリア相談を始める場合に、どのような働き方が考えられるかを紹介します。

ハローワークのコンサルタント業務を行なう

キャリアコンサルタント国家資格の試験に合格した方は、キャリアコンサルタント登録センターに登録しましょう。

参考:キャリアコンサルタント登録センター

登録者は「キャリコンサーチ」というキャリアコンサルタントの検索システムに上がるようになり、コンサルティングが必要な人とキャリアコンサルタントのマッチングを支援してもらえます。

参考:キャリコンサーチ

実はハローワークでは、セカンドキャリアを考えている人や、ジョブ・カード作成時に補助が必要な人のコンサルティングを「キャリコンサーチ」に依頼しています。

参考:厚生労働省「ジョブ・カード制度総合サイト キャリアコンサルティングを受ける」

したがって、キャリコンサーチに登録していれば、ハローワークでのジョブ・カード作成や、セカンドキャリアに関するコンサルティング業務を請け負うことが可能です。

実際の業務は依頼者と調整のうえ進むため、活動時間や曜日を工夫すれば、副業での対応も可能でしょう。

外部委託会社に登録して活動

社員のキャリア相談を、企業内のコンサルタントではなく外部に委託する企業に対して、オンラインでコンサルティングを提供するマッチングサービスがあります。

登録している国家資格を持つコンサルタントと、社内の相談者をダイレクトにつなぐオンラインサービスなので、条件が合えば副業として活動することも可能です。

オンラインカウンセリング企業に登録

企業向けではなく、個人に対してキャリアコンサルティングを提供する企業に登録する方法もあります。オンラインカウンセリングサービスを行なっている会社なら、居住地域や時間を問わず在宅で対応できるため、副業としても始めやすいでしょう。

独自に認定試験を設けているコンサルティングサービスなら、キャリアコンサルタント国家資格が不要な場合もあり、副業として参入しやすい業態といえます。

コンサルタント養成機関のサポート業務

キャリアコンサルタントの資格を取得するために資格養成機関を卒業している場合は、受講生のサポートなどの仕事を、卒業生に対し募集するケースがあります。

また、キャリアコンサルタントの養成機関では、自治体のキャリア支援事業などを受託している場合があり、キャリアコンサルタント業務や、就職支援セミナーの講師といった活動も見込めるでしょう。

独立して活動する

コンサルティングを行なう企業などに登録せず、フリーで活動することも可能です。

就職説明会で開催される個別相談や、就職セミナーの外部講師などの業務ならスポット採用もあり、副業でスタートすることも難しくありません。日頃からハローワークのホームページなどで、募集をチェックすしましょう。

キャリア相談を副業にする場合の心構え

最後に、副業としてキャリア相談を行なう場合の、心構えや注意点を紹介します。

コンサルティングは人生に関わる仕事と自覚する

キャリアコンサルティング業務は、依頼者の人生に深く関わる仕事です。

人生の岐路に立った依頼者にとって、コンサルタントを行なってくれる人が「本業か副業か」などは関係ありません。副業といえども仕事をする以上はプロ意識を持ち、責任感を持って取り組みましょう。

クライアントの面談などスケジュール管理を徹底

副業でキャリアコンサルタントを行なう際には、当然ながら、本業と副業のどちらもおろそかにすることはできません。コンサルタント業務のために本業に支障が出ることや、本業が忙しい時期に引き受けて、コンサルティングをこなせないことなどが起きないようにしてください。

本業でのスケジュールを考慮したうえで、依頼者との面談スケジュールや引き受ける仕事量などの管理に十分注意しましょう。

こちらの書籍では、副業でキャリア相談をする方や独立して活動する方など6名のキャリアコンサルタントに、仕事内容や将来性をインタビューしています。キャリア相談を副業にするための、ヒントが得られるでしょう。

まとめ

キャリア相談(キャリアコンサルタント)は、少子高齢化や働き方の多様化を背景に、広がりを見せている職業の一つです。仕事のスキルアップや、より良い生活・人生を求める人のセカンドキャリアを支える仕事として、今後も需要が増える職業と考えられるでしょう。

また、キャリアコンサルタントを養成したいという国の政策もあり、幅広い人材が求められています。

多くの企業で副業が解禁されつつある現代において、今までの経験を生かしてキャリアコンサルティング業務を行なうことは、不可能ではありません。

キャリア相談を副業にしたい場合は、オンラインでの相談対応や、スポット採用・短時間採用などを活用するなど、ご自身が可能な働き方を見つけてください。

タイトルとURLをコピーしました