お片付けの悩みを解消!|整理収納アドバイザーの資格とは

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

海外でもブームになっている片づけコンサルタントの「こんまり」こと、近藤麻理恵さんや、必要最低限の物しか持たないミニマリスト、断捨離の流行など、近年世間では片づけや整理整頓への関心が高まっています。

人気ドラマの『私の家政夫ナギサさん』に多くの共感の声が寄せられていることからも、家事の中でも片付けは大きな問題であることが分かります。

整理収納アドバイザーは、物や部屋が片付かないという悩みの原因も考えていきます。資格を取ることによって、整理収納の知識が身に付くのはもちろん、片付かない……という問題を根本から解決し、快適な空間を作り出していけるのです。

この記事では、整理収納アドバイザーの資格、概要難易度等を紹介していきます。

<後編>整理収納アドバイザーの試験概要や学習方法はこちらから↓

試験内容と学習方法をチェック|整理収納アドバイザーの資格とは
海外でブームを引き起こしている片づけコンサルタントの「こんまり」こと、近藤麻理恵さんや、必要最低限の物しか持たないミニマリストの出現、断捨離の流行など、近年世間では片づけや整理整頓への関心が高まっています。人気ドラマの『私の家政夫ナギサさん

整理収納アドバイザーとは?

整理収納アドバイザーは、どうやって整理をするかという基本的な考え方、日常使える具体的な整理の方法や収納のコツを、実際の例を見ながら学んでいきます。

収納の達人としてテレビで活躍している、収納王子コジマジックさんやタレントのDAIGOさん等の有名人も取得しているため、整理・収納系の資格の中では比較的知名度が高く、取得者も多い人気の資格です。実際にテレビや雑誌で収納術を紹介しているのは、整理収納アドバイザー資格の取得者である場合が多いです。

整理収納アドバイザーは3級~1級まであり、1級を取得すると整理収納のプロフェッショナルとして活動することができます。

どんな仕事ができるの?

近年、ニーズが高まっている家事代行サービスでの活躍が期待できます。実際に、最近主流になりつつある、サービス利用者がサービス提供者を直接指名する家事代行サービスのマッチングサイトでは、整理収納アドバイザーの資格を持った方が多数活躍しています。「収納」のサービスは需要が高く、プロフィールに記載できるこの資格は顧客獲得の大きな強みになります。

この他にも、講師やインテリアコーディネーター、収納術に関する記事を書くライターとして活躍する方もいらっしゃいます。

一見すると、直接仕事に結びつかないような気もする資格ですが、元から持っているスキルと組み合わせる等、工夫次第では幅広く仕事に活かせる資格といえるでしょう。

受験資格

3級と2級には年齢・学歴等の受験資格はありません。誰でも受験することができます。

準1級と1級には受験資格があり、準1級の場合は2級1級の場合は準1級の取得が必要です。

日程・会場

級によって開催頻度が異なります。自分の受験する級を決めたら、詳しい日程は公式サイトで確認しましょう。

ハウスキーピング協会
整理収納アドバイザーを始めとする資格検定のご案内。自宅で資格取得ができるオンライン・通信講座も。

会場は受験する級によって異なります。

3級~準1級の認定講座

  • 全国の主要都市の会場
  • オンライン(Zoomなどを利用)
  • Web(eラーニングシステムを利用)※2級のみ

好きなときに動画で学べるWEB講座は2級のみですが、オンライン講座はすべての階級に用意されています。自宅で受講できるのは嬉しいですね!

上の級になればなるほど先の日程まで受付が終了しており、予約が取りづらいようです。

1級1次試験

講座で学んだ知識を問う学科試験で、以下の2パターンがあります。

  • 全国の主要都市の会場(マークシート形式の筆記試験)
  • 全国のテストセンター(コンピューターを使ったCBT試験)

CBT試験を選択すると、テストセンターでの受験になるため、自分の都合に合わせて受験日を選択することができます。

1級2次試験

整理収納に関する研究発表を行う実技試験で、以下の3パターンがあります。

  • 全国主要都市の会場(会場で研究発表)
  • オンラインZoom(自宅でZoomを利用して研究発表)
  • 動画提出(研究発表を動画で撮影してYouTubeで提出)

動画提出受験を選択すると、YouTubeへの動画のアップロードが必要になります。会場試験は会場になる都市も日数も限られていますが、 オンラインや動画提出方式では自分のペースで受験ができます。

合格率・難易度

特定非営利活動法人ハウスキーピング協会によると、2級の合格率は100%、1級1次試験は70~80%、2次試験は80~90%だそうです。

合格率はかなり高めなため、整理収納アドバイザーの難易度は低いようです。

気になる合格ラインは、1級1次試験・2次試験どちらも70%。しっかり勉強すれば、十分合格が狙えますね。

まとめ

整理収納アドバイザーは少し費用が掛かるものの、実生活で役立つ整理整頓・収納術を身に付けることができ、工夫次第で資格を仕事に繋げることもできます。

また、外出自粛要請の影響で在宅時間が増加している中、普段できないような大掃除に精を出している方も多いかと思われます。

快適なおうち時間を過ごすために収納について勉強したい!片付けのストレスを減らしたい!資格を取って家事のスキルをお仕事にしてみたい!という方は取得を検討してみてはいかがでしょうか。

ハウスクリーニングの資格もおススメです↓

ハウスクリーニングの資格とは|いつもの家事をお仕事に!
近年、共働き家庭や単身世帯の増加により、家事代行サービスの需要が増えています。その市場規模は年々拡大し、この業界でも働き手不足が叫ばれています。ここでは家事代行のお仕事に活かせる資格の中でも特にお掃除に着目し、ハウスクリーニングの資格の種類
タイトルとURLをコピーしました