【気象予報士試験】学科専門コース~TeamSABOTEN気象予報士スクール~

【気象予報士試験】学科専門コース~TeamSABOTEN気象予報士スクール~

概要

本コースは学科専門科目を全て網羅しています
【動画時間 17時間1分】
※オリジナルテキスト付:ご自身でPDFファイルをダウンロードする形式です
※質問受付あり
<内容>
気象観測
数値予報
ガイダンス
天気予報
気象現象
予報精度評価
防災情報

初学者でも安心して学べます
※学科専門科目は観測機器の進化、数値予報の改善、防災情報の高度化に伴い、内容が変わることがあります
最新の情報を気象庁のHPで確認しながらの学習をお勧めします

申し込み期間: 2100年12月31日 21:00まで

受講後の効果

国家資格・気象予報士試験の<学科専門科目>を合格できるレベルの知識を得ることができます。当スクールで一般公開している無料動画やオリジナル模擬試験(有料)も活用すればより効果的です。

カリキュラム

  • 第1回 <気象観測>気象庁の観測システム、地上気象観測①(観測項目と手法) 【21分32秒】

    22分

    1. はじめに気象庁の観測の概要を学びます。
      つづいて、地上気象観測のうち観測項目と観測の手法について学びます。

  • 第2回 <気象観測>地上気象観測②(測器による観測) 【35分44秒】

    36分

    1. 地上気象観測のうち測器による観測を学びます。
      気象要素は多岐にわたりますが、天気予報でよく伝えられるのは気温や降水量、風、積雪の情報です。
      ほかにも湿度や気圧、視程などもあります。

  • 第3回 <気象観測>地上気象観測③(目視による観測) 【42分3秒】

    43分

    1. 地上気象観測のうち目視による観測を学びます。
      気象観測の自動化が進むなか、雲形や大気現象の一部(雷など)は目視観測が続けられています。
      ほかには季節現象として、初霜、初氷、初冠雪などは目視観測です。

  • 第4回 <気象観測>地上気象観測④(天気図記号の見方) 【31分52秒】

    32分

    1. 地上気象観測のうち天気図記号について学びます。
      天気図記号は種類が多いのですが、主に降水系のものはしっかり覚えましょう。

  • 第5回 <気象観測>高層気象観測①(ウインドプロファイラその1) 【29分3秒】

    30分

    1. ここから高層気象観測の項目に入ります。
      まずウインドプロファイラは全国33か所で観測しています。
      上空の風を細かく知ることは、実況把握、気象予測にとても重要です。

  • 第6回 <気象観測>高層気象観測②(ウインドプロファイラその2)(気象ドップラーレーダー) 【54分】

    54分

    1. ウインドプロファイラはドップラー効果を使って電波を発射、受信、処理することで上空の風を観測します。

  • 第7回 <気象観測>気象レーダー方程式、解析雨量 【32分9秒】

    33分

    1. ここから気象レーダー観測や降水短時間予報の項目に入ります。
      気象庁の気象レーダーは全国に20基あり、ほかに国土交通省のレーダーなどもあります。
      降水現象を観測することは防災上とても重要です。

  • 第8回 <気象観測>降水短時間予報、高解像度ナウキャスト 【45分30秒】

    46分

    1. 気象レーダーやアメダスによる降水の観測を利用して、降水短時間予報という予報が作成され防災等に活用されています。

  • 第9回 <気象観測>気象衛星の種類、ひまわりの機能(水蒸気画像) 【48分12秒】

    49分

    1. ここから気象衛星観測の項目に入ります。
      気象衛星の観測は日本だけでなく諸外国でも行われています。
      すべての衛星観測データを活用すれば地球全体の把握が可能となり、情報を世界で共有できます。

  • 第10回 <気象観測>気象衛星観測から得られる情報、雲の分類と特徴的な雲パターン 【41分43秒】

    42分

    1. 気象衛星のセンサーの進化により、雲だけでなく、海洋の情報も観測することができます。
      海上には観測機器をたくさん設置することができないため、衛星による海洋観測データは大変貴重です。

  • 第11回 数値予報①(天気予報ができるまでの手順、各種数値予報モデル) 【48分32秒】

    49分

    1. はじめに数値予報について学びます。これが現代の天気予報の基礎になる部分です。
      数値予報ができるまでの手順や数値予報の種類を覚えましょう。

  • 第12回 数値予報②(数値予報の計算) 【26分58秒】

    27分

    1. 数値予報はスーパーコンピュータの技術的な進化とともに発展してきました。
      その計算がどのように行われているのかを学びます。

  • 第13回 数値予報③(数値予報モデルの限界、使用上の注意点、数値予報プロダクト) 【35分45秒】

    36分

    1. いくらスーパーコンピュータによる計算結果でも100%当たるわけではありません。
      数値予報の限界を知っておくことも大切です。
      数値予報によって出力されるさまざまなプロダクトについても学びます。

  • 第14回 数値予報④(いろいろな天気図 前編) 【21分50秒】

    22分

    1. 数値予報によって出力されるさまざまな要素を、等値線図や分布図として出力すれば、ある時間の大気状態を平面図にして確認することができます。
      それを気圧面や地上図にしたものが天気図です。いろいろな種類や見方を学びましょう。

  • 第15回 数値予報⑤(いろいろな天気図 後編) 【35分25秒】

    36分

    1. 数値予報によって出力されるさまざまな要素を、等値線図や分布図として出力すれば、ある時間の大気状態を平面図にして確認することができます。
      それを気圧面や地上図にしたものが天気図です。いろいろな種類や見方を学びましょう。

  • 第16回 ガイダンス・確率予報 【48分18秒】

    49分

    1. ガイダンスや確率予報について学びます。
      数値予報プロダクトだけでは天気予報はなかなかうまくできません。
      ガイダンスの手法によってよりよい情報にブラッシュアップされています。
      確率予報は数値予報プロダクトにはありません。ガイダンスによって作られます。

  • 第17回 さまざまな天気予報①(府県天気予報~アンサンブル予報) 【37分18秒】

    38分

    1. ここからさまざまな天気予報の項目に入ります。
      皆さんがよく観ている天気予報の中に、すでに種類の異なる天気予報が混ざっています。
      今日、明日の天気予報は、短期予報というジャンル。
      週間天気予報は、中期予報です。
      夏が暑くなるかどうか、冬が寒いかどうか、という予報は長期予報となります。

  • 第18回 さまざまな天気予報②(長期予報で用いる天気図) 【32分36秒】

    33分

    1. さまざまな天気予報の種類とともに、それぞれが異なる手法で作られることも覚えておきましょう。
      今日の夜に雨が降るかどうかと、1か月先の天候がどうなるかは、全く作成手法が異なるのです。

  • 第19回 <気象現象>総観気象・メソスケールの気象現象・気団~低気圧の種類 【51分26秒】

    52分

    1. 気象には空間スケール、時間スケールの異なるさまざまな現象があります。
      スケールが異なるものを同じように扱うことはできません。
      スケールの大きいもののうち「気団」は日本の四季にも大きく関係します。

  • 第20回 <気象現象>総観気象・メソスケールの気象現象・メソスケールの気象現象 【49分49秒】

    50分

    1. 水平スケールが大きいほど時間スケールが大きく、水平スケールが小さいほど時間スケールが小さいことを学びます。
      水平スケールも時間スケールも小さいものほど、予測するのが難しいということもここで学びましょう。

  • 第21回 <気象現象>台風(1)熱帯低気圧から台風へ<前編> 【39分26秒】

    40分

    1. さまざまな気象現象のうち、台風だけは被害が甚大で規模も大きいため、時間をかけてしっかり学びます。
      台風の定義だけでなく、発生、発達の過程、立体的構造などもしっかり身に付けましょう。

  • 第22回 <気象現象>台風(2)熱帯低気圧から台風へ<後編>、台風の進路、台風に伴う気象災害 【52分14秒】

    53分

    1. 台風の進路予報は防災上とても重要ですが、近年はその予報精度が向上してきています。
      精度が上がれば余裕をもって対策ができるなど防災上のメリットが大きくなります。

  • 第23回 予報精度評価 【34分1秒】

    34分

    1. 予報の精度評価は、予測精度の向上のためにも欠かせない内容です。
      評価の対象となる気象要素によって、評価の方法が変わります。

  • 第24回 防災情報(1)主な気象災害の種類、注意報・警報 【46分15秒】

    47分

    1. 気象の学習の中でも防災は最重要項目です。
      過去には多くの人の命を奪った災害があります。
      それを教訓にして、技術の進化を重ね、伝達の方法も工夫をこらし、減災を実現しなければなりません。

  • 第25回 防災情報(2)大雨・洪水注意報および警報の発表基準、危険度分布 【35分29秒】

    36分

    1. 警報や注意報の基準は技術の進化に伴って変更されてきました。
      大雨については、かつて降水量を使っていましたが、いまは指数情報を使います。

  • 第26回 防災情報(3)気象情報、全般海上警報 【31分59秒】

    32分

    1. 陸上の予報区に対して発表される注意報、警報も、じつは海岸線から20海里までの沿岸の海域も対象となっています。
      それより外の海域は、海上警報が発表されます。
      海上警報は実技試験に出題されることがありますので、ここでしっかり学んでおきましょう。

▼気象予報士の取得を目指して勉強を始めようとしている方
▼すでに勉強を始めているが、よく理解できないという方
▼理系は苦手だけど、気象予報士になりたい文系の方
▼次の試験で、学科専門科目クリアを目標にしている方
そんな方にぴったりのコースです

単位や方程式など、初歩からわかる授業を行います
難しいところは時間をかけてじっくりお教えします

〈講師〉
当スクールのメイン講師:佐々木恭子
これまでに多くの合格者を輩出しています

〈テキスト〉
講師が自ら学習した時のノートを基に作成したオリジナルです
講師が歩んだ合格までの道のりをあなたもたどってみませんか?
オリジナルテキストの代金は受講料に含まれています
テキストはご自身でダウンロードしてください

〈質問受付〉
ご質問は下記の【質問受付フォーム】から承っています
https://bk-pro.jp/support/contact16.html
講師がメールもしくは動画でお答えします
質問受付対応期間:受講開始日(ご購入日)から1年間 ※何度でも可

※本コースは、2020年秋冬期に行ったライブ授業を編集し、動画教材として提供しています

TeamSABOTEN気象予報士スクールでは気象予報士試験に合格できるよう、あなたを全力でサポートします


本番に強くなれる!
気象予報士合格模擬試験 絶賛販売中
学科一般/学科専門/実技 シリーズ1~20
https://www.team-saboten.com/moshi-lineup
年2回の気象予報士試験に合わせて全科目の模擬試験を作成・販売しています


メルマガ会員募集中
元気象庁予報官・鈴木和史先生のコラムを連載中です
時々メルマガ会員限定のお得なクーポンを発行しますので、是非ご登録ください
<メルマガ登録>
https://www.team-saboten.com/merumaga-toroku


(お断り)学科専門科目の中には科学技術の進化に伴って内容が変わってしまうものがあります。観測機器の進化、数値予報の改善、防災情報の高度化などに伴う内容の変化は、動画の更新で対応することができませんので、気象庁のホームページや気象庁が発表する情報にも気を配り、ご自身で確認しながら学習を進めてくださいますようお願いいたします。

対象となる参加者

国家資格・気象予報士試験の<学科専門科目>を取得したい方に最適です。この動画に合わせて、気象庁のホームページに掲載されている情報もチェックするとよいでしょう。

講座スタイル

  • 動画講座

  • PC, スマートフォンどちらでも可

システム要件

■パソコン
【windows】
OS:Windows 11、Windows 10
ブラウザ:Microsoft Edge 最新版 Firefox 最新版、Chrome 最新版
【macOS】
OS:macOS 10.15 Catalina以降
ブラウザ:Safari 最新版、Firefox 最新版、Chrome 最新版

■スマートフォン
【iPhone・iPad】
OS:iOS最新版
ブラウザ:Safari 最新版
【Android】
OS:Android最新版
ブラウザ:Chrome 最新版

キャンセル・返金について

コエテコカレッジ上で販売されている講座には、質の高い豊かな学びの場を提供するために、受講者による講座のキャンセルや返金について以下のようなポリシーを設けております。
有料の動画講座は購入日から30日以内は返金を申請できます。
申し込み期間: 2100年12月31日 21:00まで

TeamSABOTEN気象予報士スクール

TeamSABOTEN(3社共同事業)

Team SABOTENは気象関連企業3社の共同事業です。防災気象PRO株式会社(代表取締役・島下尚一)、合同会社てんコロ(代表・佐々木恭子)、株式会社サニースポット(代表取締役・川田亮造)が、それぞれの得意分野を結集し、気象予報士資格取得スクールや資格取得者向けのスキルアップ講座を運営しています。スクール自体の実績は17年以上あり、Team SABOTENとしても2016年から実績を重ねてきました。スクールの特徴は、資格取得の小手先のテクニックではなく、気象現象の本質を教え、気象の本当の楽しさや奥深さを知っていただき、気象の世界への興味がより一層広がるように教材や授業を作り上げていることです。局地気象予測や専門コンサルティングに長年従事してきた講師が複数いることで、資格を取得した方へのスキルアップ講座も充実させることができています。Team SABOTENがこれまで行ってきたスクール授業、スキルアップ講座を、動画でも受講できるようにコエテコカレッジでの提供を始めました。資格取得を目指す方も、すでに気象予報士になっている方も、共に学び、共に楽しみ、共に成長していきましょう。