ファイナンシャル・プランナーの資格とは|まずは基本のFP技能検定を取得しよう

人生設計に合わせた資金計画を立てるには、税金や資産運用、住宅ローンなど幅広い金融の知識が必要になります。これらの知識を活かし、顧客の人生設計の実現に向けたアドバイス・サポートを行うのがファイナンシャル・プランナーです。

ここでは、ファイナンシャル・プランナーの具体的な業務内容やFP技能検定の概要などを紹介します。

ファイナンシャル・プランナーとは

希望する人生設計の実現に向け、貯蓄計画や税金対策、資産運用、住宅ローンの返済計画など経済的な面からアプローチし資産設計を立案することを「ファイナンシャル・プランニング」と言います。ファイナンシャル・プランナーは、その名のとおり、このファイナンシャル・プランニングの専門家。ファイナンシャル・プランナーを略してFPと呼ばれることも多いです。顧客の家族構成や収支、資産といった情報をもとに現状を分析し、顧客のライフプランに合った資産設計を行い、さらにその実現に向けてのアドバイスやサポートを行います。生保レディの資格としても必要とされています。

ファイナンシャル・プランナーの資格

ファイナンシャル・プランナーに資格は必要?

ファイナンシャル・プランニングに必要な知識は多岐にわたります。この幅広い知識を備えていることを証明するのがファイナンシャル・プランナーの資格です。ファイナンシャル・プランナー自体は、特に資格を持っていなくても名乗ることが可能ですが、将来設計に関わる重要な情報を取り扱うこともあり、信頼の証明の意味でも資格を取得してから活動するのが望ましいでしょう。

ファイナンシャル・プランナーの資格の種類

現在、ファイナンシャル・プランナーの知識や実力を証明する資格・検定で主とされているのが以下の3つです。

FP技能検定はファイナンシャル・プランナーに必要とされる技能の習得レベルを示す国家検定で、このFP技能検定に合格するとFP技能士を名乗ることができます。検定は1級~3級まであり、FP技能検定2級以上に合格し、かつAFP認定研修を修了した人にはAFP資格に登録する権利が付与されます。

一度FP技能検定に合格すると生涯有効となり、更新は不要です。

FP技能検定の他に、AFP資格CFP®(サーティファイド ファイナンシャル プランナー®)資格があります。

<後編>AFP資格CFP®資格についての説明はこちら↓

ファイナンシャル・プランナーの資格試験|AFP資格、CFP®資格にも挑戦してみよう
人生設計に合わせた資金計画を立てるには、税金や資産運用、住宅ローンなど幅広い金融の知識が必要になります。これらの知識を活かし、顧客の人生設計の実現に向けたアドバイス・サポートを行うのがファイナンシャル・プランナーです。ファイナンシャル・プラ

FP技能検定の試験概要

ファイナンシャル・プランナーには大きく3つの資格・検定があります。ただ、AFP資格とCFP®資格の認定者になるにはFP技能検定2級に合格する必要があるため、初学者はまずFP技能検定合格に目標を定めることになるでしょう。ここではFP技能検定について解説します

FP技能検定

<受験資格>

1級:FP技能検定2級に合格しておりかつ1年以上のFP業務実務経験者、5年以上のFP業務実務経験者、のいずれかにあてはまること

※上記資格に当てはまるものが1級の学科試験を受けることができ、学科試験合格者は実技試験に進むことができます。実技試験に合格しなければ1級取得はできません。

2級:AFP認定研修修了者、FP技能検定3級合格者、2年以上のFP業務実務経験者、厚生労働省認定金融渉外技能審査3級の合格者、のいずれかにあてはまること

3級:FP業務に従事している、もしくは従事する意思があること

<試験日程・会場>

1級の学科試験及び2級、3級の試験は毎年1月、5月、9月に試験日があり、年3回試験が行われます。1級の実技試験は年に1回、9月に行われます。会場は全国の主要都市に設けられますが、毎回同じ場所が会場になるとは限りません。

なお、1級の学科試験は金融財政事情研究会(きんざい)のみで行われていますので、気を付けて受験してください。

ファイナンシャル・プランニング 技能検定 1級 | 一般社団法人 金融財政事情研究会
試験日程 | 日本FP協会

<試験概要>

1級・2級・3級ともに学科試験・実技試験が行われます。

学科は、以下の6科目から出題されます。

ライフプランニングと資金計画/リスク管理/金融資産運用/タックスプランニング/不動産/相続・事業承継

2級と3級は学科試験・実技試験が同日に行われ、学科・実技両方合格することで資格取得となります。どちらか一方の合格だった場合は、一定期間、合格した方の試験が免除される制度があります。

実技試験は、試験実施団体により項目が異なります。

◎日本FP協会…資産設計提案業務

◎金融財政事情研究会(きんざい)…資産設計提案業務/資産相談業務/個人資産相談業務/中小事業主資産相談業務/生保顧客資産相談業務/損保顧客資産相談業務/保険顧客資産相談業務より選択(級により選択できる項目が異なる)

1級の場合は前述したように、学科試験合格者のみが実技試験を受けることができます。

<試験の難易度・合格率>

3級、2級、1級と級の段階が進むにつれ難易度は高くなります。

3級は入門レベルといわれており、難易度は比較的低め。合格基準が6割以上かつマークシート形式なので合格しやすく、実際に合格率も70%程度と高水準です。

2級も難易度は決して高くなく、合格率は40%程度。3級よりは下がりますが、数値的には合格は難しくないと言えるでしょう。

1級は、実技試験の合格率は80%程度と高いものの、学科は10%程度で難易度はかなり高めと言えます。

ファイナンシャル・プランナーの実務経験がない人は難易度のもっとも低い3級から受験するのが基本ですが、「AFP認定研修」といわれる、日本FP協会が認定する通信がメインとなる講座を修了することで実務経験が無くても2級から受けることができます。

FP技能検定の試験に合格するには

独学

FP技能検定は3級と2級で難易度が異なり、3級は独学でも比較的合格しやすいといわれています。一般的にいわれている独学での学習時間は3級で30時間~150時間程度、2級で150時間~300時間程度。学習時間にかなり幅がありますが、これはもともと金融の知識をどの程度もっているかというだけでなく、選ぶ教材・テキストによっても変わってくるかもしれません。

FP技能検定のテキストとして圧倒的な人気を誇っている「みんなが欲しかった!」シリーズ。3級テキストと2級テキストがあります。オールカラーと図の説明が「見やすい!」「わかりやすい!」と初学者にも好評なようです。

試験に出る内容だけをピックアップし効率的に学習できるようになっているのがこちらのテキスト。1冊でテキストと問題集をまかなっている部分も人気の理由です。

通信・通学講座

FP技能検定には実技試験もあり、学科・実技ともに合格する必要があります。市販のテキストにももちろん実技試験対策は記載されていますが、それでは不安、という人は通信講座や通学講座もおすすめです。

現在、FP技能検定を扱っている通信・通学講座は数多くあり、有名なところとしては、通信講座の大手ユーキャン、フォーサイト、TAC、ECCビジネススクール、大原など。通信・通学の両方のコースを揃えているところもあります。通信講座の費用は3万~10万程度、通学講座は10万~15万程度が相場。通信・通学を組み合わせて学習できるスタイルのスクールもあります。

また、通信講座では、受講料の20%(上限10万円)をハローワークに支給してもらえる「教育訓練給付金制度」が適用されるものがあります。どの講座が対象かは、全国のハローワークで確認でき、また、通信講座の公式HPに記載されていることもあります。気になる講座があれば、制度の対象か確認してみるとよいでしょう。

ファイナンシャル・プランナー試験に合格した人たちの勉強法

学習時間に大きな幅があるFP技能検定。いざ勉強を始めても、自分の学習方法では非効率なのでは…と不安になってしまいそうですよね。実際に合格した人たちはどのような勉強法を実践していたのでしょうか。

過去問と動画を活用!

FP2級に合格したきょうへいさんはとにかく過去問題とYoutube動画を参考に学習してFP2級に1回目で合格したそう。テキストを読むだけでは問題傾向が掴み切れない場合もあるので、過去問題は学習に取り入れたほうがよいかもしれませんね。

過去問1日3時間学習の結果、1級を5週間で合格

wasure.nakajoさんはなんとFP1級の学科試験を5週間でクリアした実績の持ち主。1日3時間×5週間なので105時間という計算ですね。より効率的に学習・試験対策するためのおすすめ学習方法もツイートしています。

まとめ

ファイナンシャル・プランナーの資格は、保険や金融、不動産業界などへの就職・転職に有利になる可能性があります。上級資格であるFP1級やCFP®資格認定者にまでなれば、独立も夢ではありません。また、仕事の面だけでなく、ファイナンシャル・プランナーのもつ知識は、自身の家計管理や資産運用にも十分役立ちます。

タイトルとURLをコピーしました