キャリアコンサルタントとは|働く人を支援する注目の国家資格

キャリアコンサルタントは、働く人を支援しキャリアアップをサポートする専門家として、2016年から国家資格に認定された注目の資格です。今は、政府の進める「働き方改革」によって働き方が多様化し、自分自身でキャリア形成していくことが求められる時代となっています。

この記事では、キャリアコンサルタントとはどのような資格か、どうやって取得するのか、資格取得にかかる費用や試験の概要、勉強方法、難易度などについてまとめました。

キャリアコンサルタントとは?

キャリアコンサルタントとはどのような資格か

キャリアコンサルタントとは、「キャリアコンサルティングをする人」という位置付けで、キャリアに関する専門知識を持つ専門家であり、筆記試験と実技試験に合格すると与えられる国家資格です。

「キャリアコンサルティング」とは、労働者の職業の選択、職業生活設計又は職業能力の開発及び向上に関する相談に応じ、助言及び指導を行うことをいいます。

厚生労働省ホームページ キャリアコンサルティング・キャリアコンサルタント

この就職難の状況の中で、大学のキャリアセンターやハローワークにおいて、就職希望者のキャリアの再発見を援助し、前に進むアドバイスを行ってくれる強い味方でもあります。

また、現在のように働き方が多様化し、雇用保障や環境が変化している環境では、企業においても「企業内人材育成推進助成金」等キャリア形成を後押しする制度も制定され、より良い人材を確保するために人事部門により社員の能力開発を進める会社が増えているのです。

このような背景からキャリア形成の重要性は高まっており、その支援をおこなう社会的な基盤も整いつつある今、キャリアコンサルタントは注目を集めている資格と言えるでしょう。

民間資格と国家資格の違い

国家資格としてキャリアコンサルタントが認定される以前は、「キャリアカウンセラー」など似たような名称の民間資格が多数ありました。民間資格は、キャリアアップに関するコンサルティングやカウンセリングに関する能力格差が生じていたようです。

そこで「キャリア・コンサルタント能力評価試験」があり、試験に合格すると「標準レベルのキャリア・コンサルタント」として認められていました。2016年4月に「キャリアコンサルタント」はこの能力評価試験合格と同水準のものとして制定されたので、それ以前に合格された方は経過措置として国家資格への移行が認められています。

キャリアコンサルティング技能士はさらに上級の技能検定職種

2008年に国家検定として能力の標準化を目的とした「キャリアコンサルティング技能検定」が設けられました。合格するとキャリアコンサルティング技能士の名称を与えられ、能力レベルに応じて1級と2級にわかれます。現在では「キャリアコンサルタント」の上位の技能検定職種として位置付けられています。

資格を取得するとどんなメリットがあるの?

キャリアコンサルタントの資格をとると、企業やハローワーク、教育機関などで専門家としてキャリア形成の相談などの業務ができます。この時に、国家資格なので「キャリアコンサルタント」の名称を使用可能ですが、資格がないと「キャリアコンサルタント」やこれに似た名前でも名乗ることができません。

資格を取得することで、企業では社員と信頼関係を築きながら能力を高めていくサポートをすることが可能です。またキャリアコンサルタントとしての転職など、自分自身のキャリアアップにもつながり活躍の場を広げるチャンスになるでしょう。

キャリアコンサルタントの試験について

キャリアコンサルタント試験の受験資格

試験の受験資格は、以下の通りです。

・厚生労働大臣が認定する講習の課程を修了した者(講習カリキュラムは別表に記載)

・労働者の職業の選択、職業生活設計又は職業能力開発及び向上のいずれかに関する相談に関し3年以上の経験(5を参照)を有する者

・技能検定キャリアコンサルティング職種の学科試験又は実技試験に合格した者

・上記の項目と同等以上の能力を有する者”

厚生労働省 キャリアコンサルタントになりたい方へ

試験概要

試験は厚生労働大臣が登録した機関が実施し、学科試験と実技試験があります。実施機関は特定非営利活動法人キャリアコンサルティング協議会と特定非営利活動法人日本キャリア開発協会(JCDA)の2機関です。どちらの機関でも費用は共通で、学科試験は8,900円、実技試験は29,900円です。

学科試験は、四肢択一のマークシート方式による全50問(100分)で、100点満点中70点以上の得点が合格基準として決められています。

実技試験は論述式の事例問題(1〜2問、50分)で、150点満点で90点以上の得点を取る必要があります。さらに面接試験(1ケース、20分)でロールプレイをおこない、口頭試問があります。

厚生省で定められた試験科目は以下の通りです

・職業能力開発促進法その他関係法令に関する科目
・キャリアコンサルティングの理論に関する科目
・キャリアコンサルティングの実務に関する科目
・キャリアコンサルティングの社会的意義に関する科目
・キャリアコンサルタントの倫理と行動に関する科目

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/jinzaikaihatsu/career_consultant01.html

試験日程

2016年8月に第1回の試験が行われ、2016年は2回、2017〜2018年は年4回、2019年は3回試験が実施されていました。2020年はすでに3月に試験が実施されており、次の試験は11月に筆記試験と実技面接試験が予定されています。

今後の予定は、2021年は3回、2022年3月の試験まで日程が決まっているようです。2020年は新型コロナウイルスの影響があり開催が少なかったようですが、年に数回は試験を実施しています。

合格率、難易度

令和2年3月実施の試験結果の概要です。

受験者数合格者数合格率
学科試験3,329 人2,237 人67.2%
実技試験3,649 人2,407 人66.0%
学科・実技同時受験2,771 人1,533 人55.3%

出展:第14回キャリアコンサルタント試験結果の概要

合格率は、第4回と第9回は合格率が低く学科試験と学科・実技同時受験の合格率が約20〜30%ですが、他の年は概ね学科試験が60〜70%、実技試験は60〜75%、学科・実技同時受験の合格率は50〜60%ほどです。

このように過去には合格が難しい年もあり、比較的難しい資格と言われることもあるようです。しかし最近では6割ほどの合格者が出ているので、しっかりと学んで着実に知識を深めれば、一概に難しい資格とは言いきれないでしょう。

どのくらい費用がかかるの?

講座にかかる費用

受験資格にある「厚生労働大臣が認定する講習」は、21の講習が認められていて、各講座でかかる費用は異なりますが概ね30〜40万円ほどです。(令和2年4月1日現在)

厚生労働大臣が認定する講習はこちら↓

https://www.mhlw.go.jp/content/11800000/000660923.pdf

具体的に講座の例をあげると、

・ヒューマンアカデミー株式会社(ヒューマンアカデミーのキャリアコンサルタント養成講座):302,500円 ※入学金・教材費は別途

・株式会社日本マンパワー(キャリアコンサルタント|日本マンパワー):374,000円

・株式会社リカレント(国家資格キャリアコンサルタント養成講座):360,800円 ※入会金・教材費は別途

・一般社団法人日本産業 カウンセラー協会(JAICOの国家資格キャリアコンサルタント養成講習のご案内):330,000円 ※テキスト・資料代含む

などがあります。

専門実践教育訓練給付金の利用について

資格取得には高額な費用がかかりますが、所定の条件を満たすとハローワークから講座費用の給付が受けられる「専門実践教育訓練給付金」という制度があります。キャリアコンサルタント養成講座は、この専門実践教育訓練給付金支給対象の講座です。

教育訓練にかかった費用のうち、講座終了後に申請すると最大50%(年間40万円までが上限)支給されます。さらに資格取得後に正社員としての雇用があれば追加で支給(講座終了時の支給と合わせて最大70%、トータルで年間56万円までが上限)を受けられます。

支給を受けるには3年以上雇用保険加入の条件(初回利用時は2年以上)がありますが、離職している方でも退職後1年以内に講座を始める条件を満たせば受給対象になるので、確認してみましょう。

キャリアコンサルタントになるための学習方法

キャリアコンサルタントになるには、厚生労働大臣が認定する講習を受講する必要があります。より高いスキルを持ったキャリアコンサルタントが望まれており、この養成講座は能力要件が2018年に一度見直されています。

現在では講座の全体の時間数は150時間程度(うち演習時間は70時間程度)です。この他に自分で学習する時間を合わせると200時間程度を目安にしておくと良いでしょう。土日には概ね10〜12日間(1日8時間程度)のスクーリングがあります。

スクーリングと合わせて平日に1日2〜3時間勉強したとして、最短でも3ヶ月くらいかかる計算になりますね。試験日程から逆算して、間に合うように計画を立て講座に申し込みをしましょう。

キャリアコンサルタント試験合格後

キャリアコンサルタント試験に合格後は、指定登録機関への登録が必要です。この登録をもって、晴れて「キャリアコンサルタント」の名称が使用可能になります。

登録費用は、登録免許税9,000円(収入印紙)と登録手数料8,000円(非課税)がかかります。登録後は5年毎に更新する必要があり、更新費用は8,000円(非課税)です。

キャリアコンサルタントの先輩の声

キャリアコンサルタントとして働く先輩の声として、こんなツイートを見かけました。kaorun_20代の“働く”をハッピーに☆さんによると、1日中キャリアのことを考えるのが幸せなんだそうです。

また、キャリアコンサルタントとしてなかなか仕事が見つからないという声もありましたが、ご自身のブログでこのように紹介されている方もいました。このやまちゃんさんは、2ヶ月間頑張って採用を勝ち取ったようです。

2017年10月に第5回の試験に合格し、すぐ登録をしましたが、そんなすぐには仕事につけるわけでもなく、次は「経験の壁」でした。

ホルダーとして、数十社近く応募しましたが、ことごとくお祈りメールが届く毎日。登録してから2ヶ月後、1通の求人メールが来て、また駄目かという思いで応募しましたが、すぐ面接の連絡が。

あれよあれよという間に「採用」をいただき、2月半ばから大学生の就活相談員の仕事に。

国家キャリコン合格後の仕事

働く人を応援したいという熱い思いでキャリアコンサルタントをされている方が今増えてきているようです。自分もこんな風に働きたいと思う方は、チャレンジされてみてはいかがでしょうか。

まとめ

キャリアコンサルタントは、就職や転職の相談から能力開発、キャリアアップをサポートしていく職業として今非常に注目されています。厚生労働省でも高いスキルを持ったキャリアコンサルタントを養成するために、講座時間や試験内容の見直しをしています。

新型コロナウイルスの影響で、通学制だったスクーリングをオンライン講座にしている認定講座もあるようですので、講座を受けるチャンスは広がっています。

働き方が多様化していく中で、非正規、派遣、正社員を問わず、自分自身をステップアップさせていくためにキャリア形成は不可欠です。キャリアコンサルタントは、一人一人の雇用を守る、重要な職業と言えるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました