Googleアナリティクス個人認定資格とは?メリット3選や試験内容も解説

Googleアナリティクス個人認定資格(Google Analytics Individual Qualification, GAIQ)」は、世界トップクラスの検索エンジンを持つGoogleの公認資格。

Webサイトを分析する場面で役立ちますが、内容やメリットを知ることで、自身のニーズに合った活かし方ができます。「もっと詳しく知りたい!」という方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、資格の概要や3つのメリットを解説します。併せて、試験内容も紹介するので、ぜひ最後までチェックしてみてください。

Googleアナリティクス個人認定資格とは?

まずは、Googleアナリティクス個人認定資格の概要について見ていきましょう。

Googleアナリティクスの習熟度を認定

Webサイトのアクセス状況を解析できるツールの一つとして、Googleアナリティクスがあります。Googleアナリティクス個人認定資格は、このツールに関する習熟度を認定する資格です。

クリック率の高いコンテンツや商品がわかれば、ユーザビリティの高いWebサイト設計が可能になります。

また、Webサイトを訪問する人の年齢や居住地域などの情報を分析することで、より訴求効果の高いマーケティングが行えるでしょう。

無料で利用できることもGoogleアナリティクスの特徴で、コスト負担をかけずにWebサイトの品質向上を目指せます。

Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ)
出題範囲には、Google アナリティクスの基礎と高度な知識が含まれます。具体的には、プランニングと仕組み、導入とデータ収集、設定と管理、コンバージョンとアトリビューション、レポート、指標、ディメンションといった項目に関する問題が出題されます。

取得すべき人

Googleアナリティクス個人認定資格を取得すべき人として、Web解析の初心者や、経験の浅いWeb担当者、マーケティング担当者が挙げられます。取得の過程でGoogleアナリティクスの基礎的な知識やスキルが身につき、業務に対する理解を深めることができるでしょう。

また、資格取得はGoogleアナリティクスの使用経験者でしばらく操作をしていない人にも有効です。というのも、Googleは規模の大きなコアアップデートを年に2~4回行ったり、機能を追加したりしているからです。

特にコアアップデートでは検索アルゴリズムが見直されるため、WebサイトのGoogle検索順位に影響を与えます。Googleアナリティクスに関する最新の情報を取り入れるためにも、資格取得は有効な手段といえるでしょう。

Googleアナリティクス個人認定資格を取得するメリット3つ

続いて、Googleアナリティクス個人認定資格を取得するメリットを3つ紹介します。

就職や転職で役立つ

Googleアナリティクス個人認定資格を取得すれば、履歴書の資格欄へ記入できます。Googleアナリティクスへの基礎的な理解があるため面接にも自信を持って臨むことができ、就職や転職の場面でも役立つでしょう。

なかには、Googleアナリティクスの有資格者レベルを入社の基準としている企業もあります。

知識の証明になる

Googleアナリティクスに関する知識・スキルを持つ客観的な証明になるため、勤務先や取引先からの信頼を獲得しやすくなるでしょう。重要な案件に携われたり、業務の幅が広がったりすることも期待できます。

近年は経済産業省が「デジタルガバナンス・コード2.0(旧DX推進ガイドライン)」を取りまとめ、デジタル人材育成プラットフォーム「マナビDX」を開設。文部科学省も「DX等成長分野を中心とした就職・転職支援のためのリカレント教育推進事業」を実施するなど、社会全体のデジタル分野に対する注目度が高まっている状況です。

Googleアナリティクスは、メディア運営において重要な解析ツールであるため、資格を取得するメリットは大きいといえます。

実務で役立つ

資格を取得することで、Googleアナリティクスの分析スキルを日々の業務に活かせます。例えば、分析したデータに基づいた客観的な資料を示せるため、より説得力のあるプレゼンテーションが可能になります。

また、基本的な知識やスキルを持っていることから、周囲の人との業務もスムーズに進められるようになるでしょう。

Googleアナリティクス個人認定資格の試験内容

ここからは、Googleアナリティクス個人認定資格の試験内容と注意点を紹介します。ぜひ受験の参考にしてみてください。

試験内容

Googleアナリティクス個人認定資格の出題範囲は以下のとおりです。

  • 設定と管理
  • プランニングと仕組み
  • 導入とデータ収集
  • レポート、指標、ディメンション
  • コンバージョンとアトリビューション

合格基準は正答率80%で、問題数70問に対して56問以上正解すれば合格です。選択形式で出題され、90分の試験時間が設けられています。

試験開始後は、通信が途切れたりパソコンの電源が落ちたりしてもタイマーは止まらないため、受験環境を整えてから試験に臨むことが大切です。

無料で受験できる

試験は、24時間いつでも無料で受けられます。試験日に合わせてスケジュール調整する必要はありません。

そのため、あまりプレッシャーを感じることなく試験に臨めるでしょう。

受験の流れ

Googleアナリティクス個人認定資格は、以下の流れで受験できます。

  1. Googleアカウント、およびプロフィールを登録する
  2. Google社が提供するビジネス向けオンライン学習サービス「スキルショップ」へログインする
  3. Google マーケティング プラットフォーム」から「Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ)試験」を選択し、受験する

なお、インターネット通信できる環境があれば、どこでも受験が可能です。

取得後の注意点

資格の有効期限は認定日から12ヵ月と定められているので注意が必要です。期限を過ぎた場合、再受験して試験に合格すれば、再び有資格者となれます。

先ほど述べたように、Googleは年2~4回のコアアップデートや新機能の追加を行っており、最新の知識やスキルの習得が求められています。

12ヵ月単位で資格取得を繰り返すことで、自身の知識・スキルを更新できるうえに、定常的に有資格者としてアピールできるでしょう。

Googleアナリティクス個人認定資格の試験対策方法とは?

それでは、試験対策として有効な2つの勉強方法を紹介します。

アナリティクスアカデミーで学ぶ

1つ目の方法は、アナリティクスアカデミーで学ぶこと。アナリティクスアカデミーとは、Google公式の映像授業(YouTube動画)が無料で視聴できる、オンライン講座のことです。

初心者向け上級者向けの2種類のコースがあり、自身のレベルに合わせて段階的に学習できます。上級者向けコースまで完了すると、資格取得に必要となる基礎的な知識・スキルを身につけることが可能です。

どちらのコースもユニットごとに受講可能で、ユニットの終盤ではテストを受けられるため、学習の理解度を可視化できます。また、講師の説明にはすべて日本語字幕がついており、英語が苦手な方でも問題なく学習を進められるでしょう。

アナリティクス関連の書籍で学ぶ

2つ目の方法は、Googleアナリティクスに関する書籍を使った試験対策です。書籍であれば、オフラインで学習したい場合も便利に使えるメリットがあります。

アナリティクスアカデミーの映像授業と並行して取り入れれば、復習の教材としても有効です。Googleアナリティクスを初めて学ぶ方には『いちばんやさしい Googleアナリティクス 入門教室』などの書籍がおすすめです。

ある程度、Googleアナリティクスに精通している方は、『Googleアナリティクス プロフェッショナル~分析・施策のアイデアを生む最強リファレンス』などがよいでしょう。

その他、Googleアナリティクスに関して実践的な内容が記された書籍も多くあり、資格を取得したあとの実務の場面でも役立ちます。

また、Googleアナリティクス個人認定資格と同じように、無料で学習して資格を取得できるGoogleの公認資格に「Google広告認定資格」があります。詳細はこちらから。

Google広告認定資格とはどのような試験?取得方法から勉強法まで解説
インターネットビジネスの急速な発展で、Web広告の運用は企業にとって重要な営業手段となっています。幅広い知識やスキルが求められる中、注目を浴びている資格が「Google広告認定資格」です。Google広告認定資格について、「Google広告

まとめ

今回は、Googleアナリティクス個人認定資格の概要や試験内容などを紹介しました。資格を取得することで、自身がもつ知識やスキルの客観的な証明となり、Web関連の業務を進めるうえで多くのメリットがあります。

アナリティクスアカデミーの授業や試験は無料なので、コストを抑えつつスキルアップできる点も魅力的です。

ぜひ今回の記事を参考にしながら、資格取得を目指してみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました